Loading

古い履歴書に注意

5月20日と21日、山形県長井市において就職支援セミナーを行った。


20日は基本コース。21日は午前は自己分析と応募書類の作成要領、午後は面接。
受講者はいずれも真剣そのもの。


特に21日の両セミナー参加者は前向きで謙虚であり、つい講師として熱が入りました。
午前のセミナーにおいて、中高年の女性が昨日購入したという履歴書セットを見せて言いました。
「ここは空欄でよろしいのでしょうか」
拝見したら「家族の氏名、年齢、職業などの家族欄」でした。
このような履歴書を見たのはこれで長井市だけで2度目である。

実は、家族欄のある履歴書は使用されておりません。
なぜならば、公正な採用選考のため本人の適性と能力で判断すべきであり、
家族の職業、年収など本人に責任のない事項を採用基準とするのは
就職差別につながる恐れがあるからです。

従って、あえて応募者側からそのような情報を提供する必要はありません。
ところが、実際に市販されていますので注意が必要です。

「最初から家族欄がないテキストの事例のような履歴書がよろしいと思います」


とていねいにお答しました。

お断り:画像は2020年9月7日挿入しました。

関連記事

  1. 緊張感が漂った秋田由利本荘の就職セミナー
  2. 自分を知るためのヒントになる話
  3. 就職面接では、何をいかにして伝えるのか
  4. 中高年者の就職力パワーアップが必要!
  5. 被災中年男性は就職したいと言うが本当の悩みは?
  6. 定年公務員の民間企業への就職対策-その3-
  7. 震災時は失業者の求職活動にも配慮すべき
  8. 増税の前に、いかにして就業意欲を高めるか

最近の記事

PAGE TOP