Loading

石巻市中央のキワマリ荘にて個展鑑賞

本日は、11月に実施予定のライフプランセミナーの
打合せを行った。
コロナ禍にもかかわらず受講者が多いので、
講師2人態勢で行うことにした。
今後は40ページにわたるテキストを見直す作業が待っている。
昨日は天気が良いので、妻とドライブ。
三陸道を走り、石巻へ。
複数の大型バイクが、追い越していく。
大きなエンジンでも、乗っているのはたった一人。
わが軽自動車には、小さなエンジンに2人乗車。
よく頑張っている。
目的地は、石巻市中央のキワマリ荘。
親戚が個展を開催。
 ①震災を通じて家族の大切さを表現した作品。
 ②雪をイメージした小作品
凡人にはない発想でいかにも現代作家らしい。
しかし、じっくり観ると、様々なことを想像させられる。
本人としばらく歓談した。
作品を観てもらうのが何よりもうれしそうだった。

関連記事

  1. 講義時間の管理について思う
  2. 講師活動の必需品、マイクホルダー
  3. ニワトリは歩くとき、なぜ首をふるのか?
  4. 有償ボランティアは「労働者」か?
  5. 説明文なしの説明書?
  6. 東日本大震災、事業所の被害=従業員の解雇ではない
  7. 受講者の心の火を点けるのは講師の役割
  8. 希望がないとやっていけない人、希望へ驀進中の人

最近の記事

PAGE TOP