Loading

津軽半島に日本最古で最長の森林鉄道

幼少の頃、故郷=津軽半島には森林鉄道が走っていた。
実家のすぐそばを走っていた。
本日の河北新報を読んで驚いた。
それが、なんと日本最古で最長だという。
中泊町出身の関取は、宝富士と阿武咲(おうのしょう)。
図の下部にある「喜良市(きらいち)」は、
現在、五所川原市の一部。
そして、歌手の吉幾三の自宅があるところ。
ついでに故郷を紹介しました。
画像に含まれている可能性があるもの:、「第千 年良 95% 中泊町 14:44 (火曜日) 今別町 外 走 最 津 た ど る 津軽森林鉄道の本線と主な支線 蟹田 陸 0 年 軌 蓬田村 は 軌道跡を 訪ね 中泊町 今泉 町 路 館 か 本極 つがる市 喜良市 五所川原市 が 本線 れ し 跡 沖館 青 森 市 国 内 最 長 津軽森林鉄 半 れ マ ದ 歷 材 玉 第」というテキスト

関連記事

  1. 講師活動の必需品、マイクホルダー
  2. 今後の予定は、中止および中止または延期
  3. 17年後、花が咲いてやっと分かった植物の正体
  4. 再び高齢者問題を議論する
  5. 東山魁夷展と県立美術館
  6. 久しぶりに元気をもらったセミナー受講
  7. 初めての経験、マスクを装着した超ロング講義
  8. 東北大学農学部雨宮キャンパスと全日本大学女子駅伝

最近の記事

PAGE TOP