Loading

山形シルバー活躍応援セミナー11月20日

11月20日山形国際ホテルでシルバー活躍応援セミナーが開催されました。
第一部は地元出身歌手工藤あやのさんのライブとトーク。
とてもパワフルで高齢の受講者を元気づけました。

第二部はパネルディスカッションが行われました。
出演は山形シルバー人材センター連合会会長、山形弁研究家のダニエル・カールさん、
そして私の3人がパネラーを務め、MCは元アナウンサーの佐藤博子さん。

お隣のダニエルさんは、地元の人以上に山形弁を駆使して、
山形の情報をたくさん交えながら、高齢者は頑張ろうねの趣旨の話をされました。

途中で、とても不思議なことに気づきました。
機関銃のごとく山形弁が飛び出しましたが、
ダニエルさんは、いつ息継ぎをしているのか?
思わず、次に自分が話すことを忘れてしまいそうでした。

私は、「元気な高齢者は働く」よりも「働くから高齢者は元気になる」という旨を
あるデータをもって紹介しました。
①働いていない高齢者の医療費と介護費は、働いている高齢者よりも約2倍です。
②健康であっても、働いていない高齢者の医療費と介護費は、
働いている高齢者よりも1.9倍です。

働いていれば、医療費・介護費は少ない。

つまり、健康である。元気である。と言えるのではないでしょうか。

また、ほかのデータによれば、介護予備軍(正式には介護予防対象者)の高齢者が働いたら、
その半数が改善されたという結果がでております。

その後、健康の秘訣について質問を受けました。
①生活のリズムを守りながら、仕事をすること
②妻の料理をおいしく、完食すること
③自分の弱点をカバーすること
(たとえば、喉が弱いので、入浴時「般若心経」を、声を出して3回唱えること)

さいごにMCから「一言どうぞ」と言われましたので、答えました。

高齢者は、NNK、つまり「ネンネンコロリ」ではなく、
PPK、つまり「ピンピンコロリ」を目指しましょう。
そのためには働きましょう。働くと健康に気を使います。
その結果、健康になり、元気になります。

今後、多くの高齢者が「自分の居場所」で役割を果たし、
必要とされ、人の役に立ち、人から褒められ、認められ、感謝される、
そのような人生を心からお祈りしながら、
仙台行きの高速バスに乗り込みました。

関連記事

  1. 増税の前に、いかにして就業意欲を高めるか
  2. 仙台で高齢者雇用促進事業セミナー
  3. 自衛隊定年退職者、松本氏が仙台市議会選挙に立候補!
  4. 定年後、こけし職人へ転身!
  5. 山形シルバー活躍応援セミナー11月20日
  6. 成功に結び付く就職活動のコツ
  7. 定年後、市会議員になる
  8. 定年後ソバ屋とソバ教室を経営

最近の記事

PAGE TOP