Loading

船員の労務管理を研究する

昨日は、引き続き船員法について研究。
労働時間・休日は一般の船舶と漁船の2タイプ。
例えば、漁船には「操業期間」があり、
その期間を除いて労働時間は、
   1日8時間以内、
   1週40時間以内
また、休日については、
   1週間に1日以上
となっている。
つまり、「操業期間」には適用しないのである。
すると、何よりも重要なのは、休息である。
休息(労基法では休憩)はなんと3タイプがある。
一般船舶と、漁船はさらに大型とそれ以外に区分されている。
漁船では、「操業期間」を前提として、
    1日に8~10時間以上の休息
を設定することになっている。
(8~10と幅があるのは、大型漁船とそれ以外の漁船の違い)
加えて、有給休暇も3タイプだが、今度は、一般船舶、国内航行の船舶、漁船に区分される。
全体的に船員は優遇されている。
例えば、一般の場合、6か月勤務すると15日の休暇日数、
その後3か月ごとに5日増加する仕組みになっている。
1年勤務すると、なんと25日。
つまり、船種により異なることが分かった。
季節や契約により、それぞれの船種が変更になったら、
どう管理するのか? 頭が痛くなってきた。
管轄の役所(国交省)をはじめ、船舶所有者(雇用主)は、労務管理がたいへんだろうと思う。
気分転換に周辺を散歩しました。
杜の都仙台の古木を紹介します。

関連記事

  1. 百均はすごい!
  2. 大企業で活躍中の中高年者と津波で全滅した再起の乗馬クラブ経営者
  3. 初めてのオンライン研究会
  4. コロナのため書面表決方式になったが、
  5. 初めてのオンライン研究会への挑戦
  6. 日帰り入浴と孫娘
  7. 素晴らしい点をアピールしよう
  8. コロナのため4カ月ぶりの講習

最近の記事

PAGE TOP