Loading

長時間講習、無事務める

昨日は、午前2時間、午後4時間の合計6時間の
長時間講習の講師を務め、無事終えた。
従来のアエルビル内で開催された派遣元責任者講習。
コロナ対策として、
①検温
②手指消毒
③室内換気
④ソーシャルデスタンス確保
⑤マスク装着
⑥講師席に感染防止パーテーション
  以上、主催者側の処置、
  以下、講師の処置
⑦こまめな休憩
⑧グループ討議方式をやめ、質問形式へ
⑨講師自身はフェースシールドを使用
ここ数日前から、普段の健康対策はもとより、
やや負荷のかかるウオーキングコースを設定し、
般若心経を唱えて、
体と喉を鍛えてきた。
とはいえ、講習では、ときどき喉の痛みを感じた。
1時間毎に休憩をとり、水分を補給し、のど飴をなめた。
喉が痛いからと言って、手を抜くことは許されない。
伝えるべきことをはっきりと伝えなければならない。
せっかく、東北各県から参加した受講者に申し訳ないから。
終了時、やっと終わったという感。
すると、受講したイケメンの男性が近づいてきた。
話を聴くと、3年前にも当方担当の講習を受講したという。
しかも、同郷の青森県鰺ヶ沢町出身。
マスクをしていたので思い出すのに時間がかかったが、
とてもうれしかった。
疲れを感じなくなった。
バス停に向かう途中、振り向くと、アエルビルとパルコビル、そして、仙台駅の照明がとてもまぶしく感じられた。

関連記事

  1. フラワームーンを観測した
  2. 国を揺るがした「宙に浮いた年金、消えた年金」に関わって
  3. 労働保険年度更新の電子申告を試みた
  4. 講義時間の管理について思う
  5. 同じ高校で3回目の出前講義
  6. スマホを譲り受けたが、
  7. 障害年金、難読「診断書」を読み解く
  8. アパートを囲むバラ

最近の記事

PAGE TOP