Loading

長時間講習、無事務める

昨日は、午前2時間、午後4時間の合計6時間の
長時間講習の講師を務め、無事終えた。
従来のアエルビル内で開催された派遣元責任者講習。
コロナ対策として、
①検温
②手指消毒
③室内換気
④ソーシャルデスタンス確保
⑤マスク装着
⑥講師席に感染防止パーテーション
  以上、主催者側の処置、
  以下、講師の処置
⑦こまめな休憩
⑧グループ討議方式をやめ、質問形式へ
⑨講師自身はフェースシールドを使用
ここ数日前から、普段の健康対策はもとより、
やや負荷のかかるウオーキングコースを設定し、
般若心経を唱えて、
体と喉を鍛えてきた。
とはいえ、講習では、ときどき喉の痛みを感じた。
1時間毎に休憩をとり、水分を補給し、のど飴をなめた。
喉が痛いからと言って、手を抜くことは許されない。
伝えるべきことをはっきりと伝えなければならない。
せっかく、東北各県から参加した受講者に申し訳ないから。
終了時、やっと終わったという感。
すると、受講したイケメンの男性が近づいてきた。
話を聴くと、3年前にも当方担当の講習を受講したという。
しかも、同郷の青森県鰺ヶ沢町出身。
マスクをしていたので思い出すのに時間がかかったが、
とてもうれしかった。
疲れを感じなくなった。
バス停に向かう途中、振り向くと、アエルビルとパルコビル、そして、仙台駅の照明がとてもまぶしく感じられた。

関連記事

  1. 定年退職準備セミナーの打合せ
  2. 解雇は避けなければならない
  3. 東日本大震災、事業所の被害=従業員の解雇ではない
  4. 出前講義に備え、船員の労務管理を研究
  5. 大企業で活躍中の中高年者と津波で全滅した再起の乗馬クラブ経営者
  6. 初めてのオンライン研究会への挑戦
  7. 東山魁夷展と県立美術館
  8. ニワトリは歩くとき、なぜ首をふるのか?

最近の記事

PAGE TOP