Loading

感動した社会保険労務士制度創設50周年記念式典

12月5日、京国際フォーラムAホールにて、
社会保険労務士制度創設50周年記念式典が行われました。
社労士会では初めての大イベント。
労働・社会保険の専門家として5,000人の社労士が全国から集まりました。
幕開けは、素晴らしい津軽三味線の演奏と津軽民謡からスタート。
津軽民謡は、幼少の頃から聞いている津軽出身の私としては、涙がでるほど感動しました。
また、式典には、天皇皇后両陛下がご臨席され、そしてご来賓の顔ぶれに驚きました。
総理大臣は公務多忙の菅官房長官が、厚労大臣は高階(たかがい)厚労副大臣が代理として出席されました。
大島衆議院議長のことばに、我々が黙々と行っている「若い人たちへの出前講義」について発言され、
とてもうれしく思いました。
式典のあと、6人の有識者で行われたシンポジウムを拝聴して、
超少子高齢社会における社労士として今後ともしっかりとやらなければならないと思いました。

関連記事

  1. 定年中高年者 夢の居酒屋をオープン!!
  2. あけましておめでとうございます。
  3. 今後の予定は、中止および中止または延期
  4. なつかしい場所で、悲しい事故が発生してしまった
  5. 改名して思うこと
  6. 書籍に掲載されました
  7. 書籍に掲載されました
  8. 高齢者・障害者・子供の楽園がオープン

最近の記事

PAGE TOP