Loading

素晴らしい点をアピールしよう

5月3日憲法記念日、妻が放送会社からある温泉の入浴券をいただいたので、
二人で、とある温泉へ出かけた。
外は20°C前後で車の中は比較的暑い。
しかし、風はやや冷たく感じられる。

フロント付近はお客様で混雑。
なんとダーツを楽しんでいるのである。

フロントで確認して、5階に上がった。
エレベータの入り口にはすぐに番台があり、そこにも多くのお客様がいた。
入浴券を差し出し、コインロッカーに貴重品を入れようとしたら、100円硬貨がない。
そこで番台のおばさん(パートらしい)人に500円硬貨の両替をお願いした。
何も言わずに硬貨入れを持ち出し、5枚の100円硬貨を差し出した。
その人はたいへん手際よいので、私は慣れているのだなと感心した。

お客様の波もとぎれたようなので、ついでに、声をかけた。
「ずいぶんと、混んでいますね」と言ったら「連休だからね!」と手際よく返ってきた。
しかし、なんとなく入浴したいという意欲が失せてしまった。
なぜだろうか?

あとで考えた。
もし、次のようなことを言ってくれたら気持ちいいのになあと気付いた。
「ええ、お陰様で多くのお客様が来て頂いてたいへん喜んでいます。
ただ、この混雑ぶりではお客様には窮屈かも知れません。
しかし、当温泉は泉質がよく疲れもよく取れます。
しかも、窓からの見晴らしがよく、きれいな町並みや海が一望に見渡せます。
さらに、露天風呂は風がありちょっと寒いかも知れませんが、海の風が心地いいですよ。
是非、楽しんで下さい。」
と言われたら、約2時間車を走らせたかいがあったのかも知れません。
そして、また来たいと思うでしょう。

しかし、私は次はわざわざ行きたいと思いませんでした。

なお、文中の表現は、実際に入浴して分ったのです。

中高年の皆さん、当たり前だったかも知れませんが、
視点を変え、素晴らしいことを見つけ、きちんと伝えましょう。
それによってリピータが増えます。

お断り:画像は2020年9月7日挿入しました。

関連記事

  1. なつかしい場所で、悲しい事故が発生してしまった
  2. 超簡単!はじめての「改名」手続き
  3. 説明文なしの説明書?
  4. 神々しい聖火の写真です
  5. 移籍選手が大活躍
  6. 蘭展を鑑賞、素晴らしい!
  7. 書籍に掲載されました
  8. コロナのため書面表決方式になったが、

最近の記事

PAGE TOP